ただいま反省中。。。 (その2) 

まだ引越し荷物と格闘中です。


FC2_201203_0201.jpg FC2_201203_0202.jpg


新しい家は以前の家の倍近くの広さがあるはずなのに
何故か物が収納スペースに入りきらないんです。

洋服も、食器も、本も棚の中には収まりきらず、
床に散乱し続けています。


ちっとも片付かない我が家の様子に嫌気がさし、
「引越しなんてキライだ~~!」 とギャンギャン喚いていたら、
同僚のマークからメールを貰っちゃいました。

I hate the process of moving! I do not envy you!

引越しって嫌だよね。
同情するよ。。


Move (動く)に ing をつけて名詞化した Moving は
この場合 『引越し』 の意味。
マークもProcess of moving 『引越しのプロセス』 を hate 『憎む、嫌う』 のですね。


2文目の I do not envy you. は直訳すると 『キミの事を羨ましいとは思わない』。

日本語に訳す時にはひっくり返して  『同情するよ』 とした方がしっくりくるでしょう。
苦労している友達に対して 「大変そうだねぇ。。。」 と声をかけたい時などに
よく使われる表現です。



さて、家を動いてからもう2週間ほど経つわけですが、
友人たちからかけられる言葉で

「引越しって疲れるよねぇ。」 
という同情の声と同じくらい多くなってきたのが

「House Warming Party (新居お披露目パーティー)いつやるの?」  
という催促の声。

中には早々と新居祝いをくださった人達もいるのです。
早く片付けを終わらせてみなさんをご招待しなくては!!


下記は友人たちからのお祝いの品。

これはナント、ティファニーの器なのです。

白地に藍がとても綺麗で日本の磁器みたいですよね。
デザインや色といい、大きさといい飾り棚にぴったりでびっくり。

FC2_201203_0203.jpg


これは、パグの形をした塩、胡椒いれ。

可愛いだけじゃなくて使い勝手も抜群。

FC2_201203_0204.jpg



そして右に飾ってある蘭の花も頂きもの。

早く皆んなに家に来てもらわないと、お花が枯れちゃうなぁ。。。

FC2_201203_0206.jpg


Topic : アメリカ生活
Genre : ForeignCountries

ただいま反省中。。。 (その1) 

FC2_201203_0101.jpg


引越しをしました。

2年ほど前に犬を飼いだしてからというもの、
住んでいた家が不便に感じだしたので物件を探していたのです。

これまではタウンハウスに住んでいた私たち。
家自体が狭かったし、庭はご近所さん達との共同使用。

共働きなので平日の昼間はゴリとソラにお留守番をさせざるを得ませんが、
犬たちを長時間閉じ込めておくのには可哀想な環境でした。


幸いなことに、田舎住まいなので庭付きの一軒家を探すのは
それほど難しいことではなかったんです。
日本の、特に東京での住環境を考えたら夢のような状況だといえるでしょう。
(その分周りは森ばっかりで遊ぶとこないけどね…。)


数ヶ月に及ぶ家探しの結果、
前の家から車で5分ほどしか離れていない
静かな住宅地に新居を見つけ、諸々の手続きを進めてきました。



「あとは引っ越すだけだね~~。」


のん気に構えていた私がバカだったんです。


いやぁ、大変でしたわ、、、お引越し。



我が家って、なぁ~~~んでこんなに荷物が多いんでしょう。

荷造りをしてもしても、終わらない。
荷物を捨てても捨てても、あちこちから物があふれだす。


「あたしってば、どーしてこんなに沢山物持ってるの!?!?」

途方に暮れつつ、賽の河原の石積みのような作業を続けたのでありました。



実は脅されてはいたんですよね、、、準備段階で。


引越し準備で、我が家に下見に来た管理業者のアレックス。
一通り家の中を見てまわった後にポソリとひとこと。

“You guys have a lot to move…”

キミ達は動かす物が沢山あるね。
→ 「物多いねー。」


アレックスにこう言われた時点で、よく考えて
荷物の整理&処分をしておけばよかったのに。

そもそも、こんなに沢山物を溜め込まなければよかったのに。
(しかもガラクタばっかり!)

引越し地獄に陥って、深く深く反省中の私でございます。



これが新居。

FC2_201203_0102.jpg



外からは伺いしれませんが、中はまだこんな状態なんですよね。。。

FC2_201203_0103.jpg

FC2_201203_0104.jpg

Topic : アメリカ生活
Genre : ForeignCountries

感謝祭

すっかり更新をさぼってしまいました。


この間、さして忙しかった訳ではないのですが
私が日常の大半を過ごしている『会社』という井戸の中で大きな嵐が起きまして、、、 
問題処理能力に乏しい私はしばし思考停止。

ブログを書く所まで気が回らずにおりました。


この間サイトを見に来てくださったみなさん。
コメント、拍手をくださったみなさん、ごめんなさい。


思い返せば、過去1ヶ月間、結構色々な事をしていたので
書きたいことは沢山あるのですけれど
とりあえずThanksgiving (感謝祭)にまで遡ってみます。


サンクスギビング(感謝祭)はアメリカ特有の祭日。
毎年11月第4週の木曜日に行われます。

17世紀にイギリスからアメリカに移住したピルグリムが
農作物の栽培や、狩猟方法などを伝授してくれた先住インディアンと
最初の収穫を祝ったのが始まりと言われているそうです。

この日は日本でのお盆やお正月の様な位置づけなのでしょうか、
アメリカ人達は家族や親族と集まって過ごすのが一般的。

逆に言うと、一緒に集まる親族が近くにいない私たちの様な 『外国人』 達には
ちょっぴり寂しい日だったりもするのですね。

だからでしょう、こんな私たちを気遣って
『サンクスギビング の日はうちにおいでよ~~。』 という
誘いの声をかけてくれる優しい人達も。



今年は同僚の Y のおうちにお邪魔しました。

FC2_201112_0101.jpg

去年引っ越したばかりのゴージャスなお家(しかも新築!)で
これまた去年産まれたばかりの、天使の様な双子ちゃん達と一緒に
心温まるひと時を過ごすことができたんです。

FC2_201112_0110.jpg FC2_201112_01111.jpg

ターキーは感謝祭になくてはならない食べ物。
肉汁から作ったグレイビーソースで頂きます。
それにメキャベツの炒め物も定番の添え物です。

私は副菜としてエビのサラダ、それに
デザートのパンプキンチーズケーキと、スノーボールクッキーを持参。

穏やかで楽しいサンクスギビングの夕食を頂くことができました。
招待してくれた Yと、そのご家族には感謝、感謝、です。

FC2_201112_0102.jpg FC2_201112_0103.jpg


サンクスギビングは
は “A day of gratitude” (感謝を捧げる日)とも言われます。

会社で色々変更があって大変だったり、先行き不透明で不安だったりするけれど
そんな事に文句を言えるのは自分が恵まれているからなのですよね。

小さなトラブルや、まだどうなるか分からない先の事に気を揉んで
怒ったり落ち込んだりするのではなく、
まずは今与えられているもの達、周りにいてくれる人達に感謝をする事からはじめなくっちゃ、、と
思わされた感謝祭の一日でした。
(なんていいつつ、サンクスギビングの後もずっとグジグジ悩んでましたけどね…)

おしまい。


FC2_201112_01112.jpg

Topic : アメリカ生活
Genre : ForeignCountries

ゲホゲホ

私がアメリカに来てからもう10年以上経つのですが、
未だに理解できないのがアメリカの医療機関。


じつは私、ここしばらく咳が止まらなくて。


最初は 「たかが咳さ。」 と放っておいたのだけど
あまりにヒドイので心配になって病院に行くことに。

友達に教えてもらったドクターに電話をし、
症状を説明した上で診察の予約をとろうとしたんですけど。


The earliest available time is in two weeks.
「一番早い予約(がとれるの)は2週間後ですね。」 だって。


いやいやいや、だから、今既に具合が悪いんだって!

2週間も待ってたらもう治ってるか、超悪化してとんでもないことになってるか
どっちかだと思うんですけど。


病気の際にお医者様に診てもらうのに2週間まち。

これってアメリカでは普通なんですかね???

誰か教えてください。。。



しっかし、困ったなー。

ホントにここ3週間ほど、咳がとまらないのですよ。

ほぼ一日中絶え間なく咳き込んでいるので疲れるし、
職場の同僚からは
“Are you contagious!?”  (感染性の病気なんじゃないの?=うつさないでよ!)と
すごーくイヤな顔をされます。

どーしたものか。。。

Topic : Living My Life
Genre : Life

動物虐待? 私も加害者です


先週の月曜日はハロウィーンでしたね。


今更ですが、ハロウィーン関連の面白いパロディテレビ番組をみつけたのでご紹介。

NBC チャンネルで放送されている The Tonight Show with Jay Leno
(ジェイ・レノのトゥナイト・ショー)というコメディ番組で放送された一幕です。

下のリンクをクリックすると NBC のサイトに飛びます。
(最初の30秒は関係ないコマーシャルが流れますが、放っておくとその後すぐ
ジェイ・レノ番組のビデオクリップに移ります。)

http://www.nbc.com/the-tonight-show/video/jspca-animal-rescue-11211/1365934/

FC2_201111_0201.jpg

――――――――――――――――――――――――――

You hear a lot about animal rescue these days. Animals are abused and mistreated.
Well, I did a public service ad for a current problem. This happens every Halloween.
It happened this year, and I felt I had to speak out.

このところ、動物保護についてよく耳にしますよね。
動物達が虐待されたり、ひどい扱いを受けたりしているんです。

実は私はこの問題に関して思うところがあり、公共道徳を喚起するための広告を作りました。

毎年ハロウィーンの時期に被害が出ています。今年もまた、その被害が広まっているのを
目の当たりにして、自分が立ち上がらなくては、と思ったんです。



ビデオスタート:
<画面の文字>
3,000 animals were rescued last year.
For hundreds of others, help came too late.

昨年、3千頭の動物たちが保護されました。
でも、助けの手が及ばず、被害にあってしまった動物達も、何百等もいたのです。


Hello, I’m Jay Leno.
Will you be an angel for a helpless animal?
Every day thousands of innocent animals are embarrassed, and humiliated.  They’re crying out for help.

みなさんこんにちは、ジェイ・レノです。
助けを求めている動物達の救世主になってはもらえませんか?

毎日何千頭もの罪のない動物達が辱められ、みじめな思いをしています。
皆、助けを求めて泣いているのです。






FC2_201111_0201_JayL1.jpg FC2_201111_0201_JayL2.jpg
FC2_201111_0201_JayL3.jpg
FC2_201111_0201_JayL4.jpg FC2_201111_0201_JayL5.jpg
FC2_201111_0201_JayL6.jpg FC2_201111_0201_JayL7.jpg


These once proud creatures are forced for door to door for trick or treating, often times dressed as other animals.
Like this, and this. Yes,, like this.
The sad part is, they don’t even get a candy.

誇り高く生きてきた動物達が、トリック・オア・トリートでお菓子をねだるために
家々を一軒一軒無理やり連れまわされています。 しかも別の動物の格好をさせられて、です。

この動物のように。 そう、、これだったそうです。
ひどい事に、彼らはそんな事をしたってお菓子を貰えないんです。





FC2_201111_0201_JayL8.jpg
FC2_201111_0201_JayL9.jpg
FC2_201111_0201_JayL10.jpg
FC2_201111_0201_JayL11.jpg FC2_201111_0201_JayL12.jpg
FC2_201111_0201_JayL13.jpg FC2_201111_0201_JayL14.jpg


You can rescue those animals. Right now, there’re animals in silly costumes, who needs you!
Please call the number on your screen. (1-800-HELP ME = 1-800-4357 63)

Your call says “I’m here to help”.

お願いだから、可哀想な動物達を助けてください。
バカげた衣装を着せられた動物達があなたの助けをまっています。
画面にある番号に電話をしてください。(1-800-4357-63).

電話で助ける意思があることを伝えてください。

FC2_201111_0201_JayL15.jpg

FC2_201111_0201_JayL16.jpg FC2_201111_0201_JayL17.jpg

FC2_201111_0201_JayL18.jpg

FC2_201111_0201_JayL19.jpg FC2_201111_0201_JayL20.jpg

――――――――――――――――――――――――――



言うまでもなく、ペットに洋服を着せる人達をからかい、皮肉ったジョークですね。

だけど、

「かわいい~~~!」

ではないですか、コスチュームを着せられた動物たち。
(私的には、ロブスターの格好をして鍋に入っている猫が一番ツボにはまりました!)



動物に洋服を着せることを 『ばっかみたい』 とか、『動物虐待だ!』 とか
言われてしまえば、それはその通りかもしれません。

そして、そうなのであれば私も十分加害者です。
何といっても我が家のゴリとソラがその一番の被害者といえるでしょう。

下の写真は私の罪状のごく一部。


これはオズの魔法使いのドロシーとブリキ男。

FC2_201111_0202.jpg

そしてこちらは、カウボーイハットをかぶった2頭と、チアリーダーの格好をしたソラ。

FC2_201111_0203.jpg FC2_201111_0204.jpg



しょーがないじゃん。 可愛いんだもん。。。


Topic : 犬のいる生活
Genre : Pet/Animal

Profile

ひろみい

Author:ひろみい
.
典型的な大和なでしこ、になる予定だったのに
何故かアメリカでぐうたら生活をおくっています。

世界は愛犬を中心にまわっていると信じている犬バカです。

Category
Calendar
07 | 2017/03 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2 Counter
Blog friend request

Want to be friends with this user.

Link
名言

地球の名言 -名言集-

Blog friend list